• HANDSについて
  • 活動内容
  • 活動ニュース
  • 参加する
  • 寄付・支援する
  • 法人・団体の皆さまへ
HOME > 活動ニュース > イベント

イベント
これから開催されるHANDS主催・共催・協力のイベントのご案内や、終了したイベントのレポートです。

これから開催されるイベント

母子手帳国際ウェビナー第3回のご案内(9月23日) 活動ニュースイベント母子健康手帳

HANDSと協力関係にある国際母子手帳委員会は、9月23日(木)19時30分~21時30分、国際母子手帳ウェビナー第3回を開催いたします。

第3回ウェビナーは、デジタル母子手帳の経験共有などの発表と基調講演です。

無料で視聴できますのでぜひご参加ください。今までの1回目や2回目で参加登録をされている方は、改めての参加登録は不要です。

皆様のご参加をお待ちしております。 Click here to register

Invitation to the MCH Handbook webinar

Since May this year we have held two webinars in order to stay connected and keep each other updated on the latest developments concerning the MCH Handbook in the pandemic era. The 3rd webinar is scheduled for the 23rd of September 2021 (12.30pm-2.30pm CET). You are warmly invited to take part in this webinar. You can easily register for this event by clicking the link below or on the website https://conference.mchhandbook.com/

In this webinar representatives from three countries from across the globe will be sharing their experiences on the Digital MCH Handbook. Moreover, professor Tomohiko Sugishita, Professor and Chair of the Department of International Affairs and Tropical Medicine of Japan, will be the session's keynote speaker.

The webinar program is as follows:

  • 12.30 Welcome by Prof. Arnoud Verhoeff and Anneke Kesler (Moderators)
  • 12.35 Opening Message by a special guest
  • 12.40 Presentation from three countries about the Digital MCH Handbook
  • 13.35 Open Forum
  • 13.45 Keynote Lecture by Prof. Tomohiko Sugishita from Japan
  • 14.10 Open Forum
  • 14.25 Summary and Learnings by Prof. Agustin Kusumayati from Indonesia
  • 14.30 Announcements and end of session

More information about the upcoming and past webinars you can find on our website:https://conference.mchhandbook.com/.

We are looking forward seeing you online on the 23rd of September.

Kind regards,

MCH local organizing committee
Anneke Kesler

Click here to register

image001 webinar4.jpg

2021年度会員総会を9月26日(日)16時から開催します。 活動ニュースイベント

2021年度会員総会を、昨年と同様にオンラインにて、9月26日(日)16時~18時まで開催しますのでよろしくお願いいたします。

昨年はオンライン開催により東京近郊以外の方にも多くご参加いただき、例年よりもかなり多くの方に参加していただきました。

また活動それぞれの様子を、直接、担当者から報告することができましたので、いつもより詳しい説明をすることができたと思います。

今年も会員、サポーター、関係者など多くの方のご参加をお待ちしていますので、是非、ご予定ください。

詳細につきましては、後日、別途ご連絡させていただきます。

image6-thumb-450xauto-763.jpeg

6月26日JICAキャリア形成セミナーのご案内(講師:HANDS風間プログラム・オフィサー) 活動ニュースイベント

6月26日(土)13時開催の「JICA海外協力隊キャリア形成オンラインセミナー」で
風間春樹プログラム・オフィサーが講師を務めます。詳細は以下をご覧ください。
(または、【鳥取】2021年春募集 JICA海外協力隊キャリア形成オンラインセミナー | イベント情報 | JICA中国 - JICA )

関心のある方は是非、ご参加ください。

【鳥取】2021年春募集 JICA海外協力隊キャリア形成オンラインセミナー

日時:2021年6月26日(土曜日)
13時00分から14時30分
会場:オンライン(Teams)
主催:鳥取県JICAデスク

春募集特別編!!協力隊キャリア形成オンラインセミナー開催します

6月30日まで申し込みを受け付けています2021年度JICA海外協力隊春募集に合わせて、

問い合わせが多い任期終了後のキャリア形成のセミナーを開催します。


この機会に、JICA海外協力隊のその後を深堀りしてみませんか?

JICA海外協力隊の体験談も合わせて聞ける、貴重なセミナーです。
ぜひ、お気軽にご参加ください。耳だけ参加も大歓迎です。

費用:無料
講師:風間 春樹さん(NPO法人HANDS プログラム・オフィサー)
内容:鳥取県JICAデスク紹介、協力隊体験談、キャリア形成講話、雑談(質疑応答)

<開催形式>
Microsoft teamsによる開催を予定しております。
お申し込み後、teamsのURLをお知らせします。

<お申込み>
6月23日(水)までに「問い合わせ先」のメールアドレスに氏名・連絡先を記載されたメールを送信下さい。
注:メールの件名には「オンラインキャリアセミナー申し込み」とご記載下さい。

お問い合わせ:
鳥取県JICAデスク(担当:芝田)
TEL:0857-51-1165
E-mail:tottoriken.desk@gmail.com

5月22日(土)14時~ 国際ボランティア学会・共話シリーズ 第一回セミナー 「陸前高田:市庁舎も病院も流された!」 活動ニュースイベント東北復興

HANDSが約4年間にわたり行った、岩手県陸前高田市での復興支援活動等について震災から10年経過した現在、元HANDSスタッフを含めて関係者が話をされますので、是非、ご参加ください。

*************************************

東日本大震災が起きてから10年目の年を迎えています。
国際ボランティア学会では、東日本大震災が起きたときにまだ小学生だった学生も
気軽に参加でき、共に話せるような連続セミナーを企画しました。

オンライン共話シリーズ「東日本大震災 支援する人 される人」
第1回は5月22日(土)14:00~16:00 陸前高田がテーマです。

また、国際ボランティア学会の企画ですが、
学会員でなくても、どなたでも参加できます。
入場無料です。
以下の案内を、関心ある方々にお伝えいただけると幸甚です。
何とぞよろしくお願いします。

国際ボランティア学会・共話シリーズ
第一回セミナー 「陸前高田:市庁舎も病院も流された!」

○日時:5月22日(土)14:00~16:00
○参加方法:zoom(申し込み完了後、当日までにzoomのURLを送付致します。)

○登壇者:岩手県立高田病院副院長:大木智春
NPOきらりんきっず:伊藤昌子
元NPO・HANDS:西原三佳
近畿大学:元ユニセフ:安田直史
○企画:中村安秀:日本WHO協会、国際ボランティア学会会長
○ファシリテーター:中村安秀(日本WHO協会)飛田ほのか(名桜大学学生)

〇詳細:http://a02.hm-f.jp/cc.php?t=M632136&c=1050&d=90cb
〇参加の申し込みは、以下のフォームに必要事項をご記入ください。
http://a02.hm-f.jp/cc.php?t=M632137&c=1050&d=90cb

〇(企画者からのメッセージ)
2011年3月11日、陸前高田市は、市庁舎も県立高田病院も津波の直撃を受けました。
被災前の人口24,246 人に対し 1,757 人(行方不明者を含む)が犠牲になったといわれています
(2014年陸前高田市東日本大震災検証報告書)。
私も含めて多くの国際ボランティアの経験者たちが、いてもたってもいられずに陸前高田に駆けつけました。
そこには、多くの出会いと学びがありました。災害時のボランティア活動とは、
災害がなければお互いに知り合うこともなかったはずの貴重な協働の物語でもありました。
あのとき、何を思ったのですか? そして、いまは、何を感じていますか? 
いまだからこそ、いえることがあれば教えてほしい。
10年前に世界が震撼した大きな地震と津波があったことを共に話しましょう

皆様のご参加を心よりお待ちしております。

キャピタル1000ロビー (3).JPG

1月25日(月)19:30~21:00 AWG:HANDS『ケニア農村部で布ナプキンを普及させ少女たちを笑顔に!Niko Nikoプロジェクト』応援イベントのご案内 イベントケニア

この度、異世代間交流・協働・共創コミュニティ事業を行っているGENERYS(ジェネリス)社のAfrica WorkingGroupの皆さまに、1月25日(月)19:30~21:00 にオンライン(Zoom)で「HANDS『ケニア農村部で 布ナプキンを普及させ少女たちを笑顔に!NikoNikoプロジェクト』応援イベント」を開催していただきますので ご案内いたします。

本プロジェクトは、ケニア農村部の、生理用品が使えないことが理由で生活上の不自由や健康上の害を受けている 少女/女性たちの状況を改善するため、布ナブキンを普及させるプロジェクトです。地元女性の布ナプキン製造販売をビジネスとして独り立ちさせるためのスタートアップ支援を通じ、住民の主体的で持続可能な活動を目指すもので、 下記クラウドファンディングで支援を募集中です。
(募集期間が残り約10日になりました。是非、ご支援をお願いします。)

本イベントの詳細、およびお申し込みは以下からお願いします。
WM1q0FofKY0vCOxcz8qPxMj4dKVrRFU7aAPzvKeAuAPnrnhn_jp3KlK3PJUw1P5Bo2yrynFQGV6DsXD2udoOuAmgNNmUi0xZGANhNTNxJEirg_CnajeU8mjoyxdteopkRPYdMAgj4fjwI.jpg
【プログラムの予定】
19:30-19:40 GENERYS/AWGの紹介+今回のテーマ・イベント概略説明
19:40-20:15 HANDSのプレゼン+最後にクラファン協賛依頼等
20:15-20:25 Q&A
20:25-20:30 (休憩)
20:30-20:40 少人数でのクロストーク1回目
20:45-20:55 少人数でのクロストーク2回目
20:55-21:00 トーク結果総括
【登壇者の紹介】 ケニアから北島、日本から兼松と元ケニアインターンの原知里さん
【参加費】無料
【参加URL】zoomミーティング(リンクは開催日の2日前までにEメールでお知らせいたします)
以上、何卒よろしくお願いいたします。

母子手帳国際会議の延期と母子手帳国際ウェビナー(2月18日)のご案内 イベント母子健康手帳

皆様

平素はご高配を賜り心よりお礼を申しあげます。
2020年に開催予定だった「第12回母子手帳国際会議」は
新型コロナウイルス感染症のために、2021年に延期されました。
しかし、昨今の感染状況を鑑み、「第12回母子手帳国際会議」は再度延期し、
2022年8月24日―26日にアムステルダムで開催することにしました。

オランダ側と国際母子手帳委員会が協議し、2021年は
母子手帳に関する国際的なWEBINARを定期的に開催することにします。

母子手帳国際ウェビナー 第1回 
2021年2月18日(木) CET(中央ヨーロッパ時間) 9:30―11:30
    (日本時間17:30-19:30)

テーマ:「Ensuring maternal and child health care amidst the pandemic」
 基調講演:ミリアム・ウェレ博士(ケニア:第1回野口英世アフリカ賞受賞)、
 各国からのコロナ下における母子保健に関する報告が予定されています。

WEBINARへの登録は、下記のホームページからアクセスしてください。


年4回のセミナーでは各国からの報告も予定されていますので、
多くの方の登録とご参加をお待ちしています。
もしも何かわかりにくいことがあれば、国際母子手帳委員会事務局まで、
遠慮なくお問い合わせいただけますようお願い申しあげます。

国際母子手帳委員会
代表 中村安秀

(問い合せ先)
国際母子手帳委員会事務局:
mchhandbook_s@googlegroups.com


図1.jpg世界の母子手帳1-32-1.jpg

HANDSが台東区活動団体のパネル展に出展しています! 活動ニュースイベント

台東区社会福祉協議会主催で、2020年12月19日(土)~2021年1月11日(月)まで、台東区生涯学習センターにて、区内で活動している団体のパネルを展示し、活動紹介をしています。

今年は新型コロナウィルス感染拡大予防の為、3密を避けてパネル展開催という形で活動紹介をすることになりました。

HANDSもパネルを掲載していますので、お越し頂き、活動を知って頂ければ幸いです。

台東区社会福祉協議会のイベント掲載リンクはこちらです。↓

区内で活動する団体のパネル展を開催します │ 台東区社会福祉協議会 (taitoshakyo.com)

~生涯学習センター入り口~


風間さん~台東区活動団体のパネル展~.jpgのサムネイル画像

~パネル展全体写真~

パネル展全体写真.jpeg

~HANDSのパネルスペース~

ハンズパネル.jpeg

~HANDSのパネルを貼っているところ~

風間さんの写真~パネルを貼っているところ2~.jpg

パネルと私.jpeg

~パンフレットもご自由にどうぞ~

パンフレット.jpeg

【母子手帳国際会議の延期について】 活動ニュースイベントこれから開催されるイベント母子健康手帳

第12回母子手帳国際会議について、以前チラシを掲載しました通り、

2020年7月8日(水)~7月10日(金)を予定していましたが、

世界的な新型コロナウィルス感染拡大により、以下の日程に延期が決定しましたのでお知らせ致します。

【第12回母子手帳国際会議】

時:2021年7月14日―16日

場所:アムステルダム大学

以下は国際母子手帳委員会代表の中村安秀先生からのメッセージです。

平素はご高配をいただき、心よりお礼を申しあげます。

世界中で新型コロナウイルス病の感染拡大がとまりません。

さて、「第12回母子手帳国際会議」の

新しい日程が決まりましたので、ご報告申しあげます。

東京オリンピック・パラリンピックの直前ではありますが、

アムステルダム大学の夏季休暇中の会場を早く確保したいという

オランダ側の事情もあり、上記の日程に決定いたしました。

もちろん、この時期までに新型コロナウイルス感染が落ちついているかどうか

まったく見通しはたっておりません。

ただ、時間的な余裕はありますので、オンライン開催の可能性も含めて

参加者の方々に満足していただける国際会議になるよう準備していく所存です。

協力委員およびオブザーバーの皆様におかれては、これまでと同様に、

引き続きご支援ご協力を賜りますよう、何とぞよろしくお願いします。

いまは大変ですが、皆さま方と顔を合わせて、膝をつき合わせながら、

母子手帳について楽しく語り合える日が、必ず再び来ることを待っております。

皆さま方におかれましては、新型コロナウイルス感染の影響でご多忙、

あるいはさまざまな困難な事態におられるかと存じます。

どうぞ、ご家族、ご同輩も含めて、くれぐれも御身ご自愛ください。

国際母子手帳委員会 代表

中村安秀

***********************

Postponement of the Conference to 2021!

In light of the COVID-19 pandemic, the International Conference on the Maternal and Child Health Handbook made the difficult, tough but necessary decision to postpone this year's conference, scheduled in July 2020, to July 14-16, 2021 at the University of Amsterdam, in the Netherlands.

The pandemic has turned the world upside-down as governments seal their borders, restrict travel and put millions on lockdown to prevent the spread of the disease. In the Netherlands, the host of the conference, social life has been scaled down. Schools and childcare centers are closed and people are encouraged to stay at home and work from home.

These mitigation measures are scheduled to coming weeks, but it seems it will take much, much longer. It is not wise to hold a conference where speakers and participants from all over the world will fly in and share rooms. We want to do our part to prevent the spread of the disease.

We hope we can meet under better circumstances next year. Next year, we are going to work with renewed energy and make it a great conference!

For now, we wish you and your loved ones the best of health,


Yasuhide Nakamura
Chair, International Committee on MCH Handbook
Professor, Emeritus, Osaka University, Japan
Professor, Konan Women's University, Japan.

Anneke Kesler-Koppe
Chair Host/Local Organising Committee (Amsterdam 2020)
Member, the International Committee on MCH Handbook
Public Health Services Amsterdam, the Netherlands

第12回母子手帳国際会議のチラシを掲載します。 活動ニュースイベント母子健康手帳

2020年オランダ、アムステルダムで開催される第12回母子手帳国際会議のチラシを掲載します。

今回はヨーロッパでの初めての母子手帳会議です。是非多くの方にご参加いただけますようお願い申し上げます。

第12回母子手帳国際会議チラシ_page-0001.jpg 併せまして、趣意書も再掲します。

皆様からの暖かいご寄付もお待ちしておりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

第12回母子手帳国際会議 趣意書.pdf

第12回母子手帳国際会議の趣意書を掲載します。 活動ニュースイベントリリース母子健康手帳

2020年7月8日(水)から10日(金)にかけ、オランダ・アムステルダムで開催される

第12回母子手帳国際会議(The 12th International Conference on Maternal and Child Health Handbook)の趣意書を掲載します。

第12回母子手帳国際会議 趣意書.pdf
1  2  3  4  5