• HANDSについて
  • 活動内容
  • 活動ニュース
  • 参加する
  • 寄付・支援する
  • 法人・団体の皆さまへ
HOME > 活動ニュース

最新ニュース

2021.11.17
活動ニュースリリース母子健康手帳世界早産児デー関連イベント:カネソン(株)さんのプレスリリースをご紹介します。
2021.11.16
活動ニュースリリース塾・学習塾の情報サイト「テラコヤプラス」でHANDSの活動を紹介させていただきました
2021.11.11
活動ニュース母子健康手帳小さく生まれた赤ちゃんの保護者サークルによる「世界早産児デー関連イベント」のご案内(全国18都府県)
2021.11.05
活動ニュースシエラレオネシエラレオネからの活動報告2021.11.4
2021.11.04
母子健康手帳「母子手帳はだれのもの?」母子手帳を世界中に広げた小児科医が語るその答えとは
2021.10.28
活動ニュース母子健康手帳11月4日(木)第4回母子手帳国際WEBINARのご案内
2021.10.28
活動ニュース母子健康手帳保護者サークル情報(リトルベビーハンドブック)のページを公開しました!
2021.10.22
母子健康手帳朝日新聞の連載「ひと」欄に板東あけみテクニカルアドバイザーが紹介されました
2021.10.22
リリース月刊「新医療」に横田代表のエッセイ「私と医療」が掲載されました
2021.10.22
活動ニュースケニアHANDSケニア:栄養改善プログラムの実施マニュアルを作成しました!
2021.10.12
リリース母子健康手帳母子手帳について中村安秀顧問が芥川賞作家・又吉直樹さんと対談しました
2021.10.06
活動ニュースケニアケニアからの活動報告:現地職員たちと共に-ゾウで行動変容
2021.10.06
活動ニュースシエラレオネシエラレオネからの活動報告2021.10.4
2021.09.30
リリース住信SBIネット銀行の寄付先として登録されました
2021.09.28
リリース母子健康手帳「皇室アルバム」で紀子さまの母子手帳への思いが紹介されます
2021.09.27
活動ニュース2021年度会員総会を9月26日(日)に開催しました!
2021.09.10
リリース「世界食料デー月間2021」の賛同団体に加わりました
2021.09.10
リリース森元泰行さん(HANDS新テクニカルアドバイザー)のご紹介
2021.09.10
リリース西原三佳さん(HANDS新理事)のご紹介
2021.09.02
活動ニュースリリース新しく、会員・寄付をお願いするチラシを作成しました。

世界早産児デー関連イベント:カネソン(株)さんのプレスリリースをご紹介します。 活動ニュースリリース母子健康手帳

HANDSが支援しているリトルベビー保護者サークルが、全国各地で早産児に関するイベントを開催しています。そのイベントを企業協賛している母乳育児用品メーカーのカネソン株式会社(https://www.kaneson.co.jp/index.php)さんが、イベントを詳しく紹介していますので、そのプレスリリースをご紹介させていただきます。是非、ご覧ください。

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000008.000072190.html


なお世界早産児デー(せかいそうざんじデー、World Prematurity Day)は、早産にについての認識を高め、世界中の早産児とその家族の関心を高めるために、毎年11月17日に制定されています。

塾・学習塾の情報サイト「テラコヤプラス」でHANDSの活動を紹介させていただきました 活動ニュースリリース

塾・学習塾などの情報サイト「テラコヤプラス」さんより横田代表が取材を受け、「開発途上国で活動!NPO法人『HANDS』の命を守る"保健医療の仕組みづくり"と"人づくり"とは」のテーマで、HANDSの活動を紹介させていただきましたので、是非、ご覧ください。

・記事URL:https://terakoya.ameba.jp/a000001729/

・記事一覧URL: https://terakoya.ameba.jp/article/

・テラコヤプラスTOPページURL:https://terakoya.ameba.jp/

スクリーンショット (5)1.jpgスクリーンショット (5).jpg

小さく生まれた赤ちゃんの保護者サークルによる「世界早産児デー関連イベント」のご案内(全国18都府県) 活動ニュース母子健康手帳

HANDSで応援している、全国のリトルベビーなどの保護者サークルの皆さんが世界早産児デー(11月17日)関連のイベントとして各地で写真展などを企画・開催されています。

小さく生まれた赤ちゃんの成長の記録や、その成長を支えたご家族の様子などを紹介していますので、是非ご覧ください。

開催地:福島、栃木、埼玉、東京、神奈川、福井、石川、静岡、滋賀、大阪、奈良、広島、岡山、愛媛、佐賀、長崎、宮崎、沖縄

各地のイベントの詳細については以下の一覧からご覧ください。

早産児デーイベント情報一覧2021.11.15pdf.pdf

(リストのHPアドレスをクリックすると各サークルのサイトにつながります。)

また、各地のサークル情報はこちらから↓

http://www.hands.or.jp/activity/mch/lbh/post-11.html

リトルベビーハンドブックや保護者サークルなどについての情報や問い合せがありましたら、NPO法人HANDS(info@hands.or.jp)までご連絡ください。

シエラレオネからの活動報告2021.11.4 活動ニュースシエラレオネ

今日は、モリンガ・スクールガーデンを実施している10か所の小学校の中で、マグベマ郡の5か所の小学校の担当教師、学校運営委員会、そして学校給食を調理している女性たちを対象に、モリンガ・食と栄養・モリンガスクールガーデンの運営管理などの再研修を行っています。現地から実況中継で送られてきた様子です

252605509_193854049599192_6355680905203691618_n 1.jpg252345317_193854102932520_4983134922914149837_n 2.jpg252864022_193854189599178_5477916304535614352_n 3.jpg252413897_193854229599174_3280985519484954714_n 4.jpg

「母子手帳はだれのもの?」母子手帳を世界中に広げた小児科医が語るその答えとは 母子健康手帳

ベネッセ(Benesse)が運営する、妊活・妊娠・出産から子育て中のママ・パパを応援する情報メディア「たまひよ」オンラインに、HANDS中村安秀顧問(シニアテクニカルアドバイザー、日本WHO協会理事長)が監修した『「母子手帳はだれのもの?」母子手帳を世界中に広げた小児科医が語るその答えとは』が配信されましたので、ご紹介します。是非、ご覧ください。記事は以下にアクセスしてください。

https://news.yahoo.co.jp/articles/80d73991a7cd3493a2676c18b81b754a85d36501

スクリーンショット (4).png

11月4日(木)第4回母子手帳国際WEBINARのご案内 活動ニュース母子健康手帳

2021114日(木)2030分(オランダ時間1230分)から、第4回母子手帳国際WEBINARが開催されますので、ご案内いたします。

2021
年になって始まった母子手帳国際WEBINARも最終回を迎えます。
当日のプログラムは下記のとおりですが、国際母子手帳委員会の中村安秀代表(HANDS顧問)が基調講演を行い、国際母子手帳委員会事務局長の板東あけみさん(HANDSテクニカルアドバイザー)からは、以下の講演が予定されています。参加希望の方はHANDSまで早めに連絡してください。よろしくお願いいたします。

【板東あけみさん講演内容】
日本の多胎の妊婦さん用の「子ども手帖」、ダウン症のお子さまを育てておられるご家族のための「+Happy しあわせのたね」、医療的ケアのお子さまを育てておられるご家族のための「かけはし架け橋ノート」と「ケアラーズノート」、そして低出生体重のお子さまをそだてているご家族のための「リトルベビーハンドブック」をご紹介させていただきます。

image001.jpg

Programme 4th MCH Handbook webinar, the last webinar of the year!

The fourth webinar of the MCH Handbook is scheduled for the 4th of November 2021 (12.30pm-2.30pm CET). Theme of the 4th Webinar session:
'No one left behind' MCHHandbook for parents with a premature child or children who are born with special conditions.

The webinar programme for November 4th is as follows:

12.30 Welcome by Prof. Arnoud Verhoeff and Anneke Kesler (Moderators)
12.35 Opening Message by Mrs. Simone Kukenheim, Alderman of the City of Amsterdam
12.40 Presentations about the MCHHandbook:
*Dr. Marit Recourt about the MCH Handbook 'Born too early, too light or sick' from the Netherlands
*Mrs. Akemi Bando about the different MCHHandbooks of Japan
*Asst. Prof. Yang, about Little Baby Handbook of Taiwan
13.25 Open Forum
13.40 Keynote Lecture: Prof. Yasuhide Nakamura, Japan
14.05 Open Forum
14.20 Summary and Learnings by Dr Mbambole Grâce Alake, Cameroon
14.25 Announcements
14.30 End of session

We will send you the Zoomlink & YouTubelink on Monday November 1st.

We are looking forward seeing you once again online on the 4th of November.

Kind regards,

MCH local organizing committee
Anneke Kesler

保護者サークル情報(リトルベビーハンドブック)のページを公開しました! 活動ニュース母子健康手帳

HANDSでは小さく生まれた赤ちゃんとそのご家族のためのハンドブック、リトルベビーハンドブックを全国に広める活動を支援しています。それに伴い、小さく生まれた赤ちゃんやNICU(新生児集中治療室)、GCU(新生児回復室)を経験した保護者の方たちが、相互の情報交換や支援を広げるために行っているサークル活動も応援しています。

全国の保護者サークルの情報を集めたページを公開しましたので、是非ご覧ください。また保護者サークルに関する新たな情報がございましたら、ご連絡ください。よろしくお願いいたします。

ホームページはこちらです→→保護者サークル(LBH)を応援しています:活動内容|NPO法人HANDS(ハンズ)

LBサークル.jpglbhbtop.jpg

朝日新聞の連載「ひと」欄に板東あけみテクニカルアドバイザーが紹介されました 母子健康手帳

本日(2021年10月22日)付けの朝日新聞の連載「ひと」欄に、HANDSテクニカルアドバイザーの板東あけみさん(国際母子手帳委員会事務局長、ベトナムの子ども達を支援する会事務局長)が紹介されました。是非、お読みください。

(朝日DIGITALの記事は以下にアクセスしてください。登録が必要になります。)
https://digital.asahi.com/articles/DA3S15084824.html?pn=3&unlock=1#continuehere

朝日新聞「ひと」板東あけみさん.jpg

月刊「新医療」に横田代表のエッセイ「私と医療」が掲載されました リリース

病院のインフラ関係者などを対象としている専門誌、月刊「新医療」2021年11月号に、HANDS横田雅史代表理事のエッセイ「私と医療~世界の人びとが自らの健康を守れる社会を目指す」が掲載されましたので、ご紹介します。是非、お読みください。

 ⇒ 「私と医療」横田.pdf

20211022_182714.jpg20211022_182948.jpg

HANDSケニア:栄養改善プログラムの実施マニュアルを作成しました! 活動ニュースケニア

HANDSケニア事務所で幼稚園が独自に実施できる栄養改善プログラムの開始と継続を助ける実施マニュアルを作成しました。以下のページからマニュアルのPDFがダウンロードできますので、ご覧ください。また関心のありそうな方には、是非ご紹介していただけるようお願いいたします。

 https://drive.google.com/.../1PPVxdc6Nf9sAx7WzWwJ.../view...

このマニュアルの詳しい紹介は次のとおりです。
**************************
HANDSケニア事務所で実施中の外務省NGO連携無償資金協力による「ケリチョー郡ECDE センター(幼稚園)を中心としたコミュニティによる幼児の改善事業」とそれまで蓄積した幼児の栄養改善の知見を活かし、HANDSを始めとする開発パートナーの財政や技術支援がなくても、幼稚園が独自に実施できる栄養改善プログラムの開始と継続を助ける実施マニュアルを作成しました。ケリチョー郡の各幼稚園で運営委員会が中心となって自ら計画し保健局、農業局等のサービスを利用しながら、幼稚園での持続可能な給食と地域へ普及するためのモデル菜園、さらに幼稚園教員による身体測定といったプログラムの導入の方法から継続のためのヒントが、実施関係者の生の声と豊富な写真や園児たちによる絵画と共に綴られています。マニュアルは1,000冊近くが全郡の幼稚園や関係者に配布されました。さらに、幼稚園での衛生施設や給食調理室の建設、日本の土のう工法による通学路整備の住民参加による方法も詳細な資料と共に説明されています。


Implementation Manual 1.jpg

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11